« ラクパ・リ(2009/09) | トップページ | 剱岳北方稜線(2009/09) »

明神岳主稜(2009/09)

メンバー:(よ)+他会員2人
コースタイム:
9/19(土)上高地バスターミナル 9:00~10:00 5峰西稜取付き~13:10 5峰直下台地
9/20(日)5峰山頂台地 8:00~13:00 前穂高岳 14:15~17:45 白出のコル
9/21(月)白出のコル 7:30~8:40 涸沢小屋 9:40~横尾~13:15 上高地バスターミナル

123_3明神岳主稜の報告です。明神岳は主峰から5峰までありますが、名称にこだわらなければ、前穂高岳南尾根といったところです。有名で順番待ちがある向こう側の北尾根と比べるとさっぱり人気がなく、連休で好天であるにもかかわらず、主稜線では、他のパーティと出会いませんでした。しかし、徳本峠や上高地の明神ー徳沢間から見たこの尖峰群は迫力があり、かのウェストンをして the japanese Alps と命名させた一因となったにちがいありません。きっと、たぶん、もしかして。
(写真は3-4のコルから 右から主峰、2峰、3峰 クリックで拡大)

19日、ワンピッチごとに先頭を交替することにして上高地を出発。岳沢道の途中から5峰西稜に取り付き、4リットルの背中の水が辛い直登。心配していた西稜途中の痩せ尾根岩稜帯は、なんじゃこんなもの、と余裕をかまして、早くも13時過ぎ、5峰直下のビバークサイト着。ここは、水がないことを除けば、上高地を俯瞰する最高の展望台です。霞沢岳が格好いい姿をしていて感激もの。それにひきかえ、すぐ近くの奥穂高岳は、ここから見ても、どこから見ても、ただ高いだけで漫然としていて魅力なし。畳岩、コブ尾根、南稜なんかも目線ですが、こっちはクライマーじゃないし・・・
ロバの耳の右肩に、先日墜落したヘリコプタ(岐阜県警: 若鮎2号)の赤い下半身が懸かっています。上高地には「残骸に触るな」との注意書きがあったそうですが、あんな恐ろしい場所でだれが触るんだろ。回収するのもたいへんな作業になりそうやなあ。

20日、5峰から2峰までは、かすかな踏み跡を迷いながら、やや高度感のあるガレやハイマツや岩稜を辿ります。すべてが浮き石でできている感じ。安山岩の節理が激しく、ホールドしたはずの手をふと見れば、岩のかけらを持っているだけだったりして・・・たまたまスタンスが安定していたので笑ってすませることにしちゃう。やがて「明神槍」との別称のある2峰に到着。主峰側が40メートルほどスパッと切れています。頂上の岩には、半世紀ほども経っていそうな2本のサビサビボルトが頼りなく打たれていて、それに古いシュリンゲがいっぱい見苦しく巻いてあり、古いカラビナもセットされています。こわごわ下をのぞき込むと、途中にやや大きなテラス、そしてそこにも残置シュリンゲが見え、2回の懸垂下降でコルに降りれるよ、と教えてくれてます。しかし、対向する主峰の登りが、見るからに急で怖そう。降りたとしても、この3人の頼んないクライミング技術では進退きわまり、そのまま穴に入ったイソップ物語のヤギさん状態になっちゃうかも・・・考えても答えは出せません。ままよ! ただ、懸垂中にプチッ、プチッと音をあげる古いシュリンゲで寒〜くなったことを学んでいますので、これもやがて山のゴミになることが確実視される新しいシュリンゲで、やはり見苦しく打ち込んだハーケンからバックアップをとり、降りました。
中間テラスから主峰を見上げると、2峰頂上から はあれだけ急に見えた壁も、な〜んや! まったくたいしたことないやんか。目の錯覚、失礼しました。あとは主峰を踏み、いっぱしのアルピニストになった気分でガレ場をテキトーに這い、前穂高岳山頂へ。快晴微風のもと、大休止。
余勢をかって、というかむしろ悪ガキ気分で、紀美子平には寄らず、稜線ぞいを吊尾根最低鞍部へ。ひとり良識の徒(よ)はハイマツ漕ぎで持病の腰痛を再発させ、脱落。途中から一般道へ逃げる。それでもへばり、元気な2人をずいぶん待たせてしまいました。良識はあるけど体調管理がまったくできとらんです。ええ歳こいてんのに・・・


« ラクパ・リ(2009/09) | トップページ | 剱岳北方稜線(2009/09) »

2. 国内山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289826/32074806

この記事へのトラックバック一覧です: 明神岳主稜(2009/09):

« ラクパ・リ(2009/09) | トップページ | 剱岳北方稜線(2009/09) »