« アプローチ | トップページ | ラクパ・リとノースコルの1週間 »

ベース着

4月22日15時 (日本時間18時15分)
チョモランマ隊(林、石川、勝野、壷坂)とラクパリ隊(稲富)はティンリーを発ってCBC(通称:大本営 中国側ベースキャンプで車道の終点 5000m)に到着しました。ティンリーからランクルで脇道に入ってオフロードを2時間で、ラサ、シガツェから来る本道に合流し、しばらくすると、チョモランマが大きく見えてきてロンブク寺院。さらに10分で観光客目当てのテント張りの旅館、食堂、土産物屋が立ち並ぶテント村で、一般の車はここまで。ここからは黒々したチョモランマ北壁が3~4000mの高度差で偉容を誇っています。CBCはさらに奥で、ロンブク氷河の押し出しの上で、車で15分。観光客はシャトルバスで来ますが、人民解放軍がガードする検問所まで。登山隊はパスポートを登録して、TMA(チベット登山協会)の建物がある丘を回り込むと、端から端まで歩くと2~30分平坦地で、ここがCBC。各国登山隊のテントが200張位あります。我が登山隊も、先乗りしていたシェルパ達によって、キッチンテント、ダイニングテント、メンバーテントなどが準備されていました。実際の登山が始まるのはABC(前進ベースキャンプ 6300m位)で、そこまで荷物はヤクで運び、2日かかります。25日にヤクが集められますので、出発するまでは、ここCBCで体を慣らします。
Img_3430


« アプローチ | トップページ | ラクパ・リとノースコルの1週間 »

3. 海外山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289826/39737503

この記事へのトラックバック一覧です: ベース着:

« アプローチ | トップページ | ラクパ・リとノースコルの1週間 »