« 2012年GW 立山合宿 5月2日〜4日 | トップページ | ソラダス2012~大和葛城山 »

穂高屏風岩 2012年5月3日〜6日

宮本俊浩

5/3  翌日の予報は雨模様だが5.6日に期待をかけて出発。
目標は恒例の剱岳R4の氷とチンネの岩だが馬場島到着2時間前にぽっぽの会ツジモのケータイ情報で上高地の予報の方が良いと判明。 急遽計画を屏風岩前穂北尾根継続に変更し富山から平湯へ。とはいえ装備は剱仕様なのでアブミが無く、リュックは70L+15L。カム4つ、ナッツ6つはこのルートには必要最低レベル。

5/4  突然の変更にも関わらず段取り良く上高地に到着、6時出発。快調な雲稜の取付きとなるがトレーニング不足とモチベーションの低下からかフル装備のリュックはかさばり異常に重い。前回のように担ぎ上げる気力無く、空荷で登攀し、ロープFIXして下降アッセンダーで登り返してセカンドを普通にビレーすることにした。自称のろまなカメさん方式。後続に追いつかれたら譲る覚悟だったが先行Pは東稜へ行ったので終日我々Pのみだった。扇岩テラスの雪を払い快適なホテルの完成だったが、時折の風と霧雨でコンパクトサイズのツエルトがめくられ、足と頭がはみ出しては、しみ出しの滴りを受け続け朝を迎える。

5/5
進退の判断が難しい空模様で未明の行動は無理だった。アブミが無いのでアイゼン前ズメをヌンチャクやボルトにかけての人工登攀はふくらはぎを酷使し、アッセンダーでの登り返しの登攀システムには30-40分の時間と体力をロスしたが今回の想定外の予定変更のためやむおえない安全対策だった。
最後の2P3級はやはり支点工作の難しいピッチで手に汗握るWアックスとなった。
午後、雲行きが怪しくなり、時折雷、雨、アラレのなかなか厳しいクライミングとなった。
15時半終了、全てのピッチにおいて登り返しを行なったので岩壁を2倍登攀したことになる。担げなかった落胆と、思わぬ長距離長時間登攀の達成で、奇妙な充実感がこみ上げる。
ツジモのリードで稜線に出て先行のトレースに合流したが雷アラレが時折激しく心細い登高となった。暗くなる頃ズブ濡れとなって涸沢到着。

5/6 雨模様に登高をあきらめ下山。激しい風雨となり納得した。
5.6の天気は予報に反して思わしくなく剱の計画を変更したのは大正解。
今年のGW後半は読めない寒気の動きに振り回され、悪天をぬいながらの登攀は痛快だった。
今回ギヤ不足により腐食の残置支点を頼ってしまったのは猛省。
今更ながらアイゼン岩登りなんて何度やっても危険の極み。
辞めてしまおうと今回も思う。


« 2012年GW 立山合宿 5月2日〜4日 | トップページ | ソラダス2012~大和葛城山 »

2. 国内山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289826/45290679

この記事へのトラックバック一覧です: 穂高屏風岩 2012年5月3日〜6日:

« 2012年GW 立山合宿 5月2日〜4日 | トップページ | ソラダス2012~大和葛城山 »