« 農鳥岳東尾根 2014.12.30-2015.1.3 | トップページ | 中央アルプス 越百山 ー 空木岳 2015年8月15〜16日 »

仙丈ケ岳地蔵尾根 2014年3月

【鈴木裕之】
22日はテントまでの帰り道、真っ暗な雪道をみんな、へろへろになりながら歩いていました。とっくに水も行動食もなく、全員が脱水状態でした。途中雪をほうばりながら歩いていました。
五竜岳の遠見尾根よりもアップ・ダウンが多い。いい加減うんざりする樹林帯の中のだらだら道です。
(備考:BCへの帰着が遅いので長野県警伊那署へ捜索願を提出。翌朝にはヘリが飛ぶところでした)

20日19時、林さんの車に合流、佐原さんとの合流地・鞍が池PA20:50着、意外に早くついてしまう。21:45佐原さんと合流して、一路高遠へ、雨がふり、天候が心配。高遠の道の駅・南アルプス村長谷に着いたのは、日を越して0:10、もう一方の池田パーティ3人はベランダの庇の下でテントを張っていたが、当方は車のシートをフラットにして、車の中でシュラーフで寝る。

21日7時起き、準備して軽車両2台で出発。市野瀬から地蔵尾根の登山口・柏木集落1300mに着くも、さらに林道を奥に入ってみる、落石がいっぱいでどかしたり、積雪があったりしたが、ついに林道が崩れていて通行不能、引き返し、別の林道を試みるも、ゲートにチェーンが貼ってあり、やはり通行不能。柏木に戻り歩きはじめるが、地図にも載っていない林道が見えるので、引き返して車1台で林道を探ることにする。4人は林道歩き。林道は途中分かれていて、こちらの方がいいのではないか、とか言って車が戻って来るのを待つことにする。だいぶたって車は戻ってきて、先に行った方で良さそうということになり、林道の奥までく車で入る。除雪の終点近く。ここ1500m?から林道を離れて登山道に入る。曇り、10:40ごろか。途中林道歩きあり。積雪は多くはないが、表面だけが張っていて、すぐに踏み抜いてしまい、苦労するし疲れる。
1
ピンクのテープをたどって尾根をたどると、地蔵尾根に合流、なだらかなアップ、ダウンがあり、なかなか標高をかせげない。北の方へまがった後、大きく南に曲がって森林帯をトラバース気味に下ると、なだらかな地点が現れたので、ここを今日のテン場・BCとする。14:30,1900m。雪は中はスカスカなので、踏み固めることはせず、よそで組み立てたテントをなるべく平らな雪面にそっと置く。樹林帯で日はあまり当たらない。たき火をしながらビール。夕食は林さんが用意した、鍋料理。海鮮食材もあり、豪華である。

22日3時起床、5:10、5人で出発、林さんは休養。快晴で気温は結構低く寒い。前半はほぼ池田さんがリードする。あいかわらずアップ・ダウンを繰り返すが、気温が低いためか雪は結構しまっている。松峰小屋の標識7:20(小屋は稜線から100mほど下)、地蔵岳(2370m)9時ごろ、ここで高度計をあわせる。引き返す時刻を15時と決める。後半は主に鈴木がリード、雪を踏み抜くことも多く時間がかかる。いつまでたっても標高がかせげないが、広い尾根、樹林が少しまばらになってきたとこで、いきなり急登が始まる。森林限界を抜け、登りきったところでトラバースし、稜線に出る。快晴、空が青く深い。岩をトラバースして超えると、仙丈ケ岳がきれいに見える、15:05、2850m。
3
15:10下山開始。地蔵岳の手前で18時ころ日没。ヘッドランプを取り出すが、容量が足りないようで不調、暗い中で電池交換を手探りでする。みんな行動食も食べつくし、予備食も出しあたりし、かなり疲れの色が濃い。水もなくなり、雪を口に含んだりしている。21時になってもBCに到着せず、ちょっとした広場で大休止。皆に遅れていたが、そこにやっと追いついた。皆動くのがしんどそうである。10時には着くだろうか、と言ったりしている。歩かないと着かないので、ともかく歩き出す。しかし、いきなりテントが見え、BCに到着、21:27。行動時間16時間15分。
脱水症状で、座り込んで動けない。テントの中の林さんから、水を受け取る。隣のテントでは、置いておいた水が凍ってしまったようで、水タンクを一本分ける。
テントに入り、茶を飲んで水分を取り、カレーライスを食べる。佐原さんは、疲れ果てたようで、水分だけを採って、皆早々に横になる。

23日下山するだけなので、ゆっくり起きだす。9:45下山開始。登り気味にトラバースし、先行パーティが途中踏み跡からはずれて下っていて、追いつくと迷っている様子。林道は南側のはずなので、南側に行くと林道にあたる。林道を歩いていくと、やっと駐車場所に到着、11:15。
2回にわけて、車で柏木までピストン。やっと山行が終わった。
高遠の共同浴場に行く予定だったが、高校駅伝(春の高校伊那駅伝、全国の強豪校が出場)のため交通規制。それで最寄りの「高遠さくらホテル」に行くと、食事をすると入浴料が半額という。ランチは2時までなので、先に食事をし(ざるそばは美味しかったです、目の前は高遠湖の向こうに高遠城址公園が見える)、入浴800円のところ400円で入った湯は、天然温泉で気持ちの良い湯でした。南アルプスの帰りにお勧めです。


« 農鳥岳東尾根 2014.12.30-2015.1.3 | トップページ | 中央アルプス 越百山 ー 空木岳 2015年8月15〜16日 »

2. 国内山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289826/61014039

この記事へのトラックバック一覧です: 仙丈ケ岳地蔵尾根 2014年3月:

« 農鳥岳東尾根 2014.12.30-2015.1.3 | トップページ | 中央アルプス 越百山 ー 空木岳 2015年8月15〜16日 »