« 後藤皓二郎 写真展 | トップページ | ペルー・ブランカ山群 イシンカ峰 トクヤラフ峰 ワスラカン峰 2015年6月 »

モンブラン 2014年夏

目的はマッターホルン登山でしたが、ルート上の想定外の着雪のために果たせず、ツェルマット滞在中はブライトホルン4165m に登っただけ。やむなくシャモニーへ転進し、モンブランなどを登った記録です。
【鈴木裕之】

Dscn63852_3

8月
28日Zermatt 1620m から、列車でChamonix Mont-Blanc 1035m に移動(2年前は、Vallorcineからフランス側が不通だったとのこと)
街のすぐ西にはBossons氷河が降りてきているのがよく見える。
Office du Tourisme(ツーリスト案内所)に行き、宿、Gouter小屋の予約を聞いてみるが、internetでしか予約できないというので、internetにつないでみるが、YHもGouter小屋も繋がらない。
tourist office で宿を探してもらう。
Chamonixでは、ちょうど urtra trail Mont-Blanc marathon(Mont-Blanc1周マラソン) が8/25-31開催されていて、宿が非常に取りにくいと Alp planning japon(日本語の通じるツーリスト会社)で言われた。
種目はいろいろあるようだ。100kmとか、70kmとか、Mont-Blanc を1周する168km、標高差累計で9600mもある、3日間掛かるという。
Breventへのロープウェイ乗り場横にあるChalet Ski-Stationのを予約ができた、ラッキー。1泊17ユーロ。ドミトリーだが、とても安い。自炊道具もある、冷蔵庫もある、有料だがシャワーもある。
Alp planning japon に携帯でtelして、Gouter小屋を予約してもらう。運良く翌日の29日が予約できた。キャンセルがあったらしい。1月前でもなかなか予約が取れないと聞いていたので、非常にラッキーだった。荷物は宿で預かってもらう。

29日6時起床、7時出発して、Chamonix center 7:37のバスに乗る。Bellevue 7:54着。Les Houchesのロープウェイ乗り場に行くが、openは8時だという。Nid d'Aigleまでの往復チケットを購入、有効は2日間ということだ。
ロープウェイ8:10ころ、Bellevue 8:50発トラム電車、Nid d'Aigle 9:15着(2年前と昨年は、1駅手前までしか)。
ここから歩いてTete Rousse 11:35着。危険だと言われていたトラバースを渡り、岩場をよじ登って 木造のGouter旧小屋までアイゼンなし、ストックで登る。
nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2015/08/03/dscn6347refuge_du_gouter.jpg" onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=300,height=225,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false">Dscn6347refuge_du_gouter
ここから雪の斜面なので、アイゼンを付け、2013年に新装なったGouter小屋(Aig.du Gouter 3863m)に15:04着。
1階入口、靴、ギアー置き場、2階reception、食堂、ここっで手続き、料金を払って、3、4階ベッドルーム。いくつかの部屋に分かれていて、1室で2階ベッドで20ベッドくらいある。
ガスに包まれ、夜になって雪も降りだした。
急峻な岩の上に、3分の1ほど崖からはみ出して建てられている。強風が吹けば、崖から建物もろとも転がり落ちそうな感じです。
食堂から外を見れば、空中にいるよう。天候は悪い、雪が降っている。

30日朝食は初め2:30ということであったが、ガス、小雪も降っていて、前夜のうちに3:30に変更になった。3:00に起きて外に出てみたら、星空、晴れている。
4:15出発、避難小屋6:20ころ、Domeの登りはピッケルが欲しいところであったが、ストックで登る。コルを過ぎ、40度の斜面でピッケルを使う。
苦しいのでともかくゆっくり登る。それでも何組かは追い越すが、何組かには追い越される。数えてみたが13番目、真ん中くらいで、Mont-Blanc 4808m に8:23 登頂する。
Dscn63661

8:43から下り、Gouter小屋 に10:45、1時間ほど休憩。岩場の下り積雪30cm、Tete Rousse 13:47
Nid d'Aigle 15:25着、トラム電車(1時間半毎)16:40発のところ、遅れた人がいて、16:50発、Bellevue17:15着、ロープウェイ2番目に乗って、Bellvue着17:25
バス17:53発、Chamonix center 18:10、宿に18:20着、疲れた。外に出て、レストランでディナー。

31日晴れ、今日は1番の観光地である Aiguille du Midi 3842m に観光、7:30ごろ宿を出て、Mont-Blanc MultiPass 56.5ユーロを購入して、乗り込む。乗り換え1回,20分ほどで到着。
Midiの下の雪原にはいくつかのテントがある。そこから氷河をMont-Blanc方面に登っていくパーティが4つほど。氷河の裂け目もあったが2mほど、クライムしたようであった。
40度、50度の登攀がある。Mt Blanc du Tacul 4248m,Mt Maudit 4365m を超えて、Mont-Blancに行くことができる。このコースを採りたかったが、雪崩があるというし、新雪があるので諦めた。
まわりにはドリュAig.du Dru 3754m,グランド・ジョラスGrandes Jorasses 4208mがよく見える。
午後は食事をもって、反対側のBrevent2525mへ、ゴンドラ、ロープウェイを乗り継いで行く。残念ながら雲がかかって、展望がきかない。それでも日差しはあったているので、ゆっくりと昼食をとる。
だんだん曇ってきたので、下り、買い物をして、ツーリスト・オフィスでインターネットをつないで、メールをする。
今日はスパゲッティを作る。
絵葉書を書いて、就寝。

9月
1日7時に起床し、朝食、パッキングをして8:10出発。8:35Poste は開いていない。9:00まで待って、記念切手を購入して、絵はがきを4枚投函。
Chamonixの駅について、チケットを購入するが、Martinyまでで、そこでまた購入しなさいという。
9:54乗車、登るに従って屋根、道路がぬれている、雨が降ったようだ、上を見ると山の峰に新雪がみえる。もうすでに冬が忍び寄っている。1400mの峠を越えて、国境の駅Vallorcineで乗り換え、Martigny11:41着。
ここでチケットを購入し、12:10発、Vispで乗り換え、12:57発、Spiezで乗り換え13:33発、Interlaken Ostで乗りかえ14:05発、Grindelwald14:39着。約5時間の移動。
駅前はまったく変わってしまっている。道は広く、広場もあり、以前道をまっすぐ歩いて行った2001年の記憶が通用しない。
篠原さんについて、キャンプ場15:20につくと、記憶にあるブルーシートのテントがある。すぐに勝野さんがシャワーから出てきてくれた。ワインで登頂祝い。
カランクルン関係者8名中4名。

2日晴れ、Jungfraujochへ、
8人でメンヒ登山、

3日4人でMurrenに行く。
帰り、Schilthornを14:33に乗って、Murren14:50、歩いて15:30ロープウェイのりば、Lauterbrunnenに15:40着。16:05発のpostバスに乗って、Trummelbachfall16:15着。すばらしいいところだ。滝が岩をうがって、岩の中に滝が落ちている。
17:17発のバスに乗り、17:30Lauterbrunnen着、買い出しをして、18:の列車に乗り、グリンデルワルト19:10着、キャンプ場19:30着。


« 後藤皓二郎 写真展 | トップページ | ペルー・ブランカ山群 イシンカ峰 トクヤラフ峰 ワスラカン峰 2015年6月 »

3. 海外山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289826/61011706

この記事へのトラックバック一覧です: モンブラン 2014年夏:

« 後藤皓二郎 写真展 | トップページ | ペルー・ブランカ山群 イシンカ峰 トクヤラフ峰 ワスラカン峰 2015年6月 »