« 中央アルプス 越百山 ー 空木岳 2015年8月15〜16日 | トップページ | エル・キャピタン ザ・ノーズ  2016年4月〜5月 »

奥穂高岳 2016年3月

【斎藤留美子】
Sp3204123_2
3月19日
朝9時、新穂高温泉駐車場集合。昨晩から雨模様でまだシトシトと降っている。午前中は雨予報なので、濡れるのを避けて出発を遅らせることにする。ロープウェイの待合所でお茶を飲みながら雨が上がるのを待つ。昼過ぎになっても相変わらず降ったり止んだり。
ようやく15時頃、雨が上がり、出発。右俣林道を行き、17時10分、白出沢出合で今日は幕営。

20日
午前1時過ぎ、2パーティーがガチャガチャと装備を鳴らして私たちのテント前を通過。槍平方面へ向かった様子。
私たちは、昨日の内に涸沢岳西尾根の標高2500m付近まで上がる予定にしていたのだが、雨待機でズレたので今日は、どうするかを話合う。軽荷でワンデイアッセントを狙うか、1日かけて標高2983mの穂高岳山荘まで上がり、その翌日に登頂を狙うか、の2つに一つ。
上部の積雪の状態が分からないのと、トレースが、昨日新穂高で会った1パーティーの3名分しかない状況。ワンデイで狙うには、時間が読めない状態で、山頂まで届くかどうか不確定要素が多い。なので、今日は、1日かけて標高3000m稜線上の穂高岳山荘まで荷物を担いで上がることにする。
朝5時過ぎ起床、7時半出発。ガスが濃く、テントの外は真っ白。小雪が少し舞っている。
天気予報では、本日20日から天気は良くなるはず。
涸沢岳西尾根取り付きで、アイゼンを付ける。1時間ほど上がった、標高1800m付近に昨日登っていったパーティのテントが1つ張ってあった。今日のワンデイアッセントの予定の様ですでに出発済みだ。その横を通過し、登っていく。
しばらくは穏やかな登り、あとは標高2600mの森林限界までひたすら長く苦しい急登が続く。バカ登りがずっと続く、と誰かの報告に書いてあった。確かにその通りだ。トレースを外すと、ヒザぐらいまで足がハマる。
午前11時半、ようやく森林限界を越えた標高2600mに出た。下部のガス帯の中を抜け視界が開け始め、穂高の稜線が美しく見え始めた。青空が広がり、日差しが強く差し込んできた。いい天気になりそうだ。
ここから蒲田富士(標高2742m)まで少し岩稜の急登。なので、ここでハーネスをつけピッケルとロープを出す。
ひと登りで蒲田富士の稜線上に出る。
Sp3204091_2
雪の台地の上にひょっこり出た感じで、視界をさえぎるモノがなくなり爽快感が広がる。3000mの穂高の稜線が目前にドカーんと大きく広がる。風も穏やかで気温も寒くなく、雪の状態も良く、条件はいい。
雪庇の出たリッジを少し進み、一旦、F沢のコルに下る。
13時、F沢のコル。
ここで、先行パーティーの3名が奥穂から下ってきた。無事登頂されたようだ。この方々以外に誰も上にはいないそうだ。
この先、涸沢岳まで、標高差400mほどの急なルンゼを登って詰める。苦しい急登を登りきり、岩稜帯の稜線上に出る。
そこから岩稜のアップダウンや迂回、トラバースを繰り返す。雪が硬く、氷状になった斜面では緊張を強いられる。
約1時間ほどかけ涸沢岳山頂到着。穂高岳山荘の屋根がようやく見えた。奥穂高岳もすぐ目の前に迫り、ハシゴが見える。
15時、白出沢乗越到着。今日はここに泊まる。しかし、この冬期小屋は、厚い雪の覆われていて入れない。積雪の少ない箇所に入口がない。あてにならない小屋だ。入れないので、雪洞を堀り、そこへ泊まる。雪洞の中は、外気が低すぎるためか、とても暖かい。
17時過ぎ、外は夕焼けで真っ赤になり、下部はガスの中でまさしく雲上の世界。美しく見とれてしまう。今日ここは私たちパーティーの貸切だ。
と思いきや、17時過ぎ、単独行の方1名が奥穂高山頂から降りてくる。話を聞いてみると、西穂から縦走されてきたそうだ。30代くらいの、やさしそうなお兄さんだった。ツワモノがいるものだなあ、と思った。彼も雪洞を掘って泊まると言っていた。

21日
朝6時起床、外はすっかり明るい。今日も朝からいい天気。日差しが気持ちいい。準備し軽荷で、7時半、奥穂へ向け取り付く。しっかりアイゼンとピッケルが決まる雪質なので
それほど恐怖感はない。サクッサクッと蹴り込みながら青空に向かって突き抜けるように順調に登り、8時50分、奥穂高岳登頂。
風も穏やか、気温も寒くなく、青空が広がり360度の大大大パノラマ。今日は、ここに私たち以外に登山者はいない。贅沢な貸切〜すばらしい。
山頂のお社は、半面は雪で覆われていたが半面が出ていた。この場所に今、居られるというのはなんてツイているんだろうか。奥穂の山の神が歓迎してくれている様に感じた。こんな幸運な状態で、この時期の穂高に登頂できるのは一生に一度かもしれないと思う。本当にうれしい。最高だ。また、導いてくれたリーダーには感謝しかない。
P1070264
しばらく、満足感に浸り、下りにかかる。慎重に下り、雪洞に戻り、お茶を沸かして飲む。
パッキングをして、本格的な下山にかかる。
涸沢岳を登り返し、稜線上の岩稜帯を慎重にトラバースしながらググっとひたすら緊張しながら下る。
13時、F沢のコル(標高2700m)。ここまで標高が下がってくると、気温も高くなり日差しも強いため、暑い。汗だくになる。さすがに3000mの稜線上は寒いので、かなり着込んでいたため余計だ。
衣服調整をし、蒲田富士へ登り返し、樹林帯へ。樹林帯まで下ってきた所でロープを外し身軽になる。
この付近から、登ってくる時には無かったテン場跡が5〜6張ほどポツポツと見受けられたが、ここまで誰にも一切会わず。足跡からすると、ほとんど蒲田富士付近までで引き返した感じだった。
ひたすら急な樹林帯を下り、16時、白出沢出合。ここでデポ品を回収し、林道を下り、17時50分、新穂高温泉駐車場下山。
この連休の後半はとても穏やかな天気に恵まれ、いいコンディションで登れた。楽しい満足ないい山行だった。


« 中央アルプス 越百山 ー 空木岳 2015年8月15〜16日 | トップページ | エル・キャピタン ザ・ノーズ  2016年4月〜5月 »

2. 国内山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1289826/65914200

この記事へのトラックバック一覧です: 奥穂高岳 2016年3月:

« 中央アルプス 越百山 ー 空木岳 2015年8月15〜16日 | トップページ | エル・キャピタン ザ・ノーズ  2016年4月〜5月 »