スペイン Rodellar フリークライミング  2016年9月13日〜10月14日

【本村節代】

7
クライミングジムつながりの米さん夫妻にお世話になり、友達とスペインの岩場 Rodellar(ロデジャー)に行ってきた。
ハイキングから初めて、沢、クライミング、スキーと始めたのは50歳も半ば近く。しかも、元来運動神経の無い私。小学校の頃の運動会では、鉄砲の音が怖くって足がすくんでいたっけ。なのに、なぜクライミング? 自分でもよく分からない。気がついた時は、しっかりハマっていたが、日就月将の若者たちとは大違いで、あまり上達はしていない。
さて、初めてのスペイン。バルセロナ Sants(サンツ)駅から2駅目の Lleida(ジェイダ)まで米さんが迎えに来てくれる事になった。事前にネットで調べてみると、この Sants駅、スリや置き引きが多いらしい。しかも、昨年 Rodellar にレンタカーで行った人はバルセロナでパンク強盗被害にあった。おばさんは、リスク回避のため空港からタクシーで移動。AVE(高速特急)に乗り込み、無事会えた!


続きを読む "スペイン Rodellar フリークライミング  2016年9月13日〜10月14日"

| コメント (0) | トラックバック (0)

3.キタラフ北壁

3.キタラフ北壁
P6290289
7.1 AM0時半 起床、AM1時 朝食、AM2時半 出発。
風が結構強いが、天気は良さそうなので出発する。ヘッドランプを付け、ロープでつながってキタラフの取りつきまで歩いていく。しばらくはなだらかな雪道。だんだん急になってきて、アイゼンをしっかり蹴り込みながら1時間ほど登ると、取りつきに。AM3時半、北壁取りつき地点。
5mほどの氷の壁から始まる。3人一組でつながり、しっかりとアックスとアイゼンを利かせて登って行く。傾斜は、45度~55度程度らしい。しかし、今日も先行者からの落氷はあり、何度か受ける。仕方がないが、痛い。またアザが増える。


続きを読む "3.キタラフ北壁"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2.アルパマヨ

2.アルパマヨ南西壁フレンチダイレクトルート
P6300343
6.25 朝8時、カルアスの町を出発。登山口となるサンタクルス谷に車に乗って向かう。細い未舗装の山道を曲がりくねりながら、どんどん山奥へと上がっていく。AM10時、標高2900mの登山口のカシャパンパ村に到着。ここから歩いて谷に入っていく。すでにロバや馬たちが待っていて、手早く私達の荷物を積んでいく。
この谷の入り口に、鋭鋒サンタクルス6259mがあるのだが、手前の峰々に囲まれているため、一部の場所からしかその姿を見ることができない。下の町や歩く谷からは全く見えない。村に着く前に、よく見える場所で、車を止めてくれたので、そこで写真を撮る。ロウソクの様にそびえ立っている。現地ガイドのアグリ氏は、2回のハンギングビバークで登った、と言っていた。とても美しい山だが険しい山。
準備して、谷を歩き始める。この谷は、深い渓谷で、途中に湖等があり、トレッキングルートとしても人気のあるコース。歩いている方々は、登山のグループが半分、トレッキングのグループが半分といった感じ。今日も天気がよく、気温高く、暑い。汗をダラダラとかきながら整備された快適な道を進む。3時間ほど進み、渓流沿いの涼しい木陰で昼食。キッチンスタッフが、先に行って作って待っていてくれた。
キヌアという現地の雑穀の炊き込みご飯と鶏肉のフライ、ゆでじゃがいも、サラダ、パン。味は、香辛料が強くなく、塩コショウくらいのシンプルな味つけなので、あっさりと食べられる。キヌアは、スーパーフードと呼ばれるくらい栄養豊富な食材で、ご飯代わりにに食べたり、スープに入れたり、フライの衣にしたり、と使われて食事に出てきていた。
お腹を満たし、さらに3時間ほど歩く。標高が上がるにつれ、ようやく涼しくなってきた。15時半、ラマコラル3760mという大きなテント場に到着。多くのトレッカーや登山者のテントが張ってあった。私たちも今日はここでテント泊。放牧されている牛があちこちで草を食んでいて、子牛も多くみられた。


続きを読む "2.アルパマヨ"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ペルー ブランカ山群 2016年6月〜7月

2016年6月16日 〜 7月6日
南米ペルー ブランカ山群
ピスコ5752m・アルパマヨ南西壁5949m・キタラフ北壁6036m登山
【斎藤留美子】

1.高度順応を兼ねてピスコへ
P6210094_2

6.16 日本〜カナダ(トロント)〜ペルー(リマ) 移動
6.17 ペルー(リマ)の空港に早朝1時半に到着するも、全員の荷物は出てこず。乗り換えをしたカナダのトロントにまだ荷物は置いてあるらしい。今日は、ワラスまで車で移動する予定だったのだが荷物が来ないことには登山が開始できないので荷物を待つことにする。早ければ今日の夜の便で荷物は来るらしい。
夕方までリマ市内の天野博物館に行き観光。夕方8時、空港に確認しに行くと、9個中7個のみ到着していた。あと2個は、今コロンビアのボゴタにあるらしく、2日後にリマに来るらしい。困った。これ以上待つと登山行程に影響してくるので、リマに荷物が届いたら、次の移動場所のワラス送ってもらうよう手配して、私たちは、深夜バスで先にワラスワラスへ移動することにする。

続きを読む "ペルー ブランカ山群 2016年6月〜7月"

| コメント (0) | トラックバック (0)

エル・キャピタン ザ・ノーズ  2016年4月〜5月

【後藤皓二郎】
Imgp1539_20160531072327
4/26、関空をTさんと出発。Mさんは4/29ヨセミテで合流。荷物はホールバックとボストンに詰めた。二つとも20kgオーバー。Mさんのロープやギアなども入っている。食料も向こうでの整理の時間や買い物の時間を短縮するため日数事に分け、ほとんど日本から持っていくことにした。はじめてのビッグウォールなので心配は尽きない。できるだけの事はしていくことにした。

続きを読む "エル・キャピタン ザ・ノーズ  2016年4月〜5月"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ペルー・ブランカ山群 イシンカ峰 トクヤラフ峰 ワスラカン峰 2015年6月

斉藤留美子
P6120141_2
6月9日 ブランカ山群の近くにあるワラスの近く、カルアスという町に入りました。 女性はきれいなアンデスの民族衣装を着て山高帽をかぶり普通に生活しているので南米に来たなあ、と実感。
ここは緑が多く、果物が豊富な場所。地元の言葉はケチュア語とスペイン語。初スペイン圏なのでガイド本を片手にあいさつと買い物。聞いてはいたが、全く見事に数字ひとつでも英語は通じない。地元の普通の飲み物は、コカ茶というものらしく、 エージェントの事務所でもホテルでも出してくれた。 うーん、薄いトウモロコシのひげ茶のような野草な味。


続きを読む "ペルー・ブランカ山群 イシンカ峰 トクヤラフ峰 ワスラカン峰 2015年6月"

| コメント (0) | トラックバック (0)

モンブラン 2014年夏

目的はマッターホルン登山でしたが、ルート上の想定外の着雪のために果たせず、ツェルマット滞在中はブライトホルン4165m に登っただけ。やむなくシャモニーへ転進し、モンブランなどを登った記録です。
【鈴木裕之】

Dscn63852_3

続きを読む "モンブラン 2014年夏"

| コメント (0) | トラックバック (0)

デナリ 2012年6月

20120615_040920_2
【林孝治】
メンバー:林(隊長)、石川、栗田、スワミ(現地合流)

カランクルン・デナリ隊は、6月13日に発生した宮城労山隊の雪崩事故(行方不明4名、生存1名)に遭遇し、一連の支援活動ののち、石川、栗田の2名が登頂に成功しました。
事故に遭遇した登山者の生々しい心境を伝えるため、現地からの報告を、記事内容の日にちとは多少前後しますが、報告のあった日ごとにそのまま掲載します。(編)

(事故現場の画像と説明は記事末尾にある「jiko.pdfをダウンロード」をクリックしてください)

続きを読む "デナリ 2012年6月"

| コメント (0) | トラックバック (0)

メキシコ ネバド・デ・トルーカ山 2012年6月9日

Zenkei
(よ)
ネバド・デ・トルーカ山(4704m現地名:シナンテカトル)は、メキシコ国の首都メキシコDFの西約70Kmにあるメキシコ州の首都トルーカ市(ややこしいでしょ!)の南方にあるメキシコ国内では4番目に高い山です。トルーカの街自体の標高が2700mぐらいあり、この山への車道が標高4200mぐらいまで通じているので、山頂までの標高差はたかだか500mほど。ふだん低いところに住んでいる登山者がメキシコの最高峰ピコ・デ・オリサバ山(5699m現地名:シトラルテペトル)などへ登る前の高所馴化トレのために登っています。
南峰
6月9日早朝、トルーカ市の大聖堂前でイスラエルという名前のタクシー運ちゃんと交渉成立。彼は仕事ずきというより運転ずきで大のスピード狂。てなわけでフォルクスワーゲン・ゴル(ゴルフではない)はなぜか運転席だけが4点式シートベルト。制限速度があるのかないかわからない一般道のパシフィック街道を100〜120Km/hでぶっとばし、ダート道に入ってからも、ラリーカーよろしく四輪ドリフト状態でグングン行くものだから、助手席のお客さんはコワいったらコワいよ〜! ふつうなら約1時間半かかるらしいところを1時間きっかりで車道の終着点の登山口に着きました (まだ少し先があるのだけど通行止め)。交通手段がほかにないものだから、そこで待っていてもらうことになったのですが、きつい料金交渉の結果もあり、制限時間はたったの1時間半ぽっきり。
山そのものは御岳や乗鞍岳なんかとさほどかわらない感じです。きれいな火口湖をふたつ持つカルデラであり、山頂というより外輪山はいくつかの小ピークからなっています。最も高い北峰は4704mありますが、そこまで行くのはかなり時間がかかりそう。たぶん往復で1日がかり。通常は標高4600mぐらいの南峰までが日帰り登山の対象みたいで数人の登山者が登っています。今回は、1時間半の制約で、その南峰までさえもむずかしそう。南方向の展望がよさそうなさらに南のなだらかなピーク(標高4550mほど)に駆け登りました。ここへは踏み跡がなく、ザレでふだんだったら足場が崩れて登りにくそうなところですが、前日に降雪があり、北面には雪がちょっぴり残っていて、陽の当たるところの表面はすでに昇華して消えていているものの、ザレの内部が凍りついていて滑らず、たいへん登りやすかったです。
Koru
日本国内にはない標高であるという以外、とりたててどうこういうほどの山ではありません。しかし、中米の多くの火山と同様、高所から見下ろしたときの広がりはみごとです。メキシコ第2の山ポポカテペトル5465mと第3の山イスタシワトル5230mも遠望できました。
ほんとうに短時間の登山、というよりハイキング、いやピクニックでしたが、地図も案内書もガイドも同行者もなし、他にだれもいない峰に登ることができ、(よ)はけっこう満足しています。


| コメント (0) | トラックバック (0)

中米タフムルコ山 2012年1月

Atama

(よ)

メキシコは、地理的には中米といってもいいと思うのですが、便宜的あるいは政治的に北米とされていますので、グアテマラのメキシコ国境近くにあるタフムルコ山が、中米第一の高峰ということになります。標高は4220mで、山頂の気圧は600hPaほどだから、冬場の富士山頂よりちょっぴり低い程度です。

続きを読む "中米タフムルコ山 2012年1月"

| コメント (1) | トラックバック (0)